所沢・西所沢の歯医者・歯科、所沢市はーと歯科クリニック

はーと歯科クリニックの電話番号

一般診療

一般診療について

快適な歯科治療を提供

当院ではとかく痛いものと思われがちな歯科治療を、なるべく快適にお受けいただけるように最新のシステムを 導入しています。

痛みについて

当院院長は麻酔科の研究室に残っていた経験を生かし、積極的に麻酔を使うことでこの問題を解消しています。 「麻酔自体が一番痛いのでは?」と思われる方もいると思いますが、当院では2~3歳の子供にも積極的に麻酔を 行ない治療しています。

その麻酔自体に痛みがあれば、はたして小さい子供の治療をすることができるでしょうか? 麻酔は技術をしっかり使えば痛みなく施行することができるのです。

不安について

不安があると、心臓がドキドキして貧血になったり、思わぬ合併症が発症することもあります。これには過去の歯科治療経験が深く関係しています。そんな場合、当院では笑気吸入鎮静法を施行しながら 治療することができます。

これは、精神を安静にする効果のある笑気ガスと空気中の3倍濃度の酸素を混合して吸入するもので、 全身麻酔の維持にも使われています。歯科治療で使われる濃度では意識を失うことはなく、副作用も報告されていません。

しかし当院では、本当の鎮静は術者との信頼関係で生まれるものと考えているため、当初はこの方法でしか歯科治療ができなかった方を、 何もなくともできるようにして差し上げることも歯医者の務めと考え、実践するよう努力しています。

歯医者の臭いについて

歯科医院の臭いが苦手という方も多いと思います。あの独特の臭いは消毒薬のフェノールによるものです。 フェノールは歴史的に優れた薬品ですが、最近の研究で遺伝子の組み換えが起こる可能性等の報告があります。 おもに根の治療等に使われていますが、学会レベルでは過去の薬と考えられています。

当院ではフェノール系薬剤は使用していないため、その臭いは全くありません。 さらに医科用空気清浄機によりクリーンで無臭な空気環境を提供しています。

虫歯の治療について

虫歯で穴があいた所は健康なところまで削ってその部分を埋めます。普通これでその部分の治療は終了です。 本当にこれで終了していいのでしょうか?これは、歯の形を治したにすぎません。

虫歯は、時間をかけてじっくり歯を溶かします。虫歯を取るために歯を削るのはほんの数分です。 仕方ないこととはいえ、これでは体に大きな負担を強いることになります。出来てしまった虫歯を取って形を 治すことは必要な行為です。そこには虫歯の細菌が存在しやすい環境があるからです。 しかし形を治しただけで終わりにしてはいけないのです。

それでは、私たちが考える虫歯の治療をお話しいたします。虫歯の原因は細菌です。 この細菌に糖分や炭水化物が取り込まれると酸が出来、歯が溶けます。ただこの現象は、1日3回食べれば、 3回おきています。

それでは歯は、だんだん小さくなってしまうはずです。なぜ小さくならないのでしょうか?それは、歯の溶けた回数だけ溶けた成分が歯にもどってくる「修復」がおきているからです。虫歯になってしまったところは、 歯にもどってくる量より歯から溶け出してしまった量のほうが多かったといえます。

この量の不釣り合いを治すことこそ本当の治療なのです。また一歩進んで、全く虫歯がなくとも、口の中が溶ける方向に傾いていたら、それを治療すれば、 全く歯を失わない(削ることもない)口の中を獲得することができるはずです。

歯の脱灰と再石灰化

歯の脱灰と再石灰化

健康な状態では、上図のように「脱灰(だっかい)」と「再石灰化」の力は拮抗していることになりますが、 「脱灰」に働く力が強くなったり、「再石灰化」に働く力が弱くなったときは脱灰が進んで歯が溶かされ、 虫歯が出来てしまいます。

ひとりひとりのお口の中でおきている「脱灰」と「再石灰化」のバランスを分析する事で、個人の虫歯のリスクを知ることが できます。そして、脱灰に傾いていると判定されたならば、それを様々な方法でコントロールし、再石灰化を促進したり 脱灰を抑制しなければなりません。

食事とpHの関係

食事とpHの関係

食事をとると、2~3分でプラーク中のpH(ペーハー)は酸性に傾き、脱灰がはじまります。この脱灰の時間が長く続いたり、酸性度が強いほど虫歯の危険が増加します。唾液の力によって 約20~40分間でプラーク中のpHが上昇し、再石灰化がはじまります。

根の治療について

「神経をとりますね。」この言葉、驚きませんか?いくらひどい腰痛でも神経をとって治すことはしません。なぜ歯科だけに神経をとる治療があるのでしょうか?その答えは「歯の中」という特殊な環境にあります。 基本的には歯の中の神経以外の部分には血管はありません。

つまり新陳代謝が行われているのは神経のみ、ほかの部分は変化しない部分と言えます。 この神経の中の血管は非常に細く、虫歯などで炎症がおこると充血して血行不良になり容易に死んでしまうのです。 根の治療とは、死んだ組織、または回復が望めないほど炎症がある神経を取り除き、周りに広がった炎症の原因になる 腐敗物をきれいにして、炎症が起きづらい様に、空いた空間に無菌的にゴムを詰め込む治療のことです。

歯の中の神経は曲がりくねって、また枝分かれすることも少なくありません。それを歯の上から手探りで掃除するかなり 難易度の高い治療です。そのため、再治療の頻度も比較的高いといえます。また新陳代謝の無くなった歯は、枯れ木 のようにもろくなる傾向にあります。さらに、失った歯の部分を補うため土台を立てる必要があり、維持のために金属の杭を 使うことがありますが、この杭のクサビ作用によって、歯が縦割れしてしまう問題もあります。

当院では、この問題を解消するため、グラスファイバーの土台も選択可能ですが、いずれにしてもリスクを伴う治療ということが 言えます。

食事とpHの関係

ブログに“根の治療”の情報を掲載しております >>

歯周病の治療について

歯周炎、歯肉炎は歯周病菌によって引き起こされる炎症のことです。歯周病菌と歯石とは違うものなので歯石を取っただけでは歯周病は治りません。ただ、歯垢がつきやすいところに あるざらざらした塊の歯石は清掃の邪魔になり、歯垢停滞の原因になるので取ることは重要です。

しかしながら最も重要なことは、歯垢が残る原因になったブラッシングの仕方を変えることにあります。 これは容易なことではありません。何年もやり続けてきた習慣を変えるのは大変な努力が必要だからです。

また、ほとんど自覚症状がない病気のためやる気を維持するのもかなり難しいという問題もあります。 当院スタッフ、特に歯科衛生士が毎回毎回口うるさくチェックしている理由もそこにあります。 さらに、一度歯周炎にかかって、それが安静状態になっても元の状態に戻ったのではないことも大切なポイントです。 今は安定した状態でも以前より悪化しやすい状態であり、これに対抗するため、患者様によるブラッシングと、 我々医院スタッフが歯ブラシの届きにくいところに行うプロフェッショナルケアが重要です。

そのため、一度一通りの歯科治療が終了したのちに、患者様が自宅で行うブラッシングでは足りなかった部分を、 炎症が再発する前に、医院にお呼びしてプロフェッショナルケアを行う、定期検診が非常に重要になってきます。

この定期検診のシステムはほとんどの患者様に受け入れていただき、好評をいただいております。

ブログに“歯周治療”の情報を掲載しております >>

上矢印
ページ先頭へ
↑
上に戻る